ホットフラッシュは更年期障害の代表的な症状!有効成分配合サプリで対策

日本人女性では45歳から55歳くらいにかけて悩まされる更年期障害。人生の折り返し地点を過ぎ、子育てや仕事もいよいよ佳境といったところで襲われる更年期障害はほんとうに辛いです。

 

倦怠感や寒気、イライラなどの症状が続いて家族や仲間に迷惑をかけてしまうこともあるかもしれません。そんな更年期障害の症状として挙げられるもののひとつにホットフラッシュと呼ばれるものがあります。

 

いったいホットフラッシュとはどんな症状なのか、対策するにはどうすればよいのか・・・すでにホットフラッシュに悩まされている方もこれから悩まされるかもしれない方もぜひ知識として得ておきたいものです。

 

更年期障害とホットフラッシュ

 

 

更年期障害とは?

 

更年期障害とは女性であれば避けて通れない更年期に生じる様々な身体の不調をさします。女性は30代くらいまで女性ホルモンのエストロゲンという物質がたくさん分泌されています。これが30代を過ぎると卵巣の機能の低下に伴い徐々に分泌され量が減っていきます。

 

このエストロゲンという物質は脳の視床下部にある下垂体というところで分泌するように命令され卵巣で分泌されていますが、卵巣の機能低下に伴って分泌が思うようになされなくなると下垂体が混乱しはじめます。この部分は自律神経のコントロールも担っているため、エストロゲンがうまく分泌されないことで自律神経に関わるさまざまな不調が出始めるのです。

 

ホットフラッシュは代表的な更年期障害

 

倦怠感や寒気、情緒不安定などさまざまな症状の中でも更年期障害の代表的な症状とも言われるのがホットフラッシュです。ホットフラッシュとは発汗やのぼせ、ほてりといった症状がおこりやすくなる症状で更年期中に多くの女性が経験する症状です。

 

これは自律神経の乱れによって血液の循環が悪くなり発汗機能がうまくコントロールできずに生じると考えられています。ホッフラッシュは外気温などにあまり左右されず、時と場所も選ばずに唐突に発生し、汗が止まらなくなったり頭かボーっとしたりします。そのためいつこのような状態に陥っても大丈夫なように専用のハンカチやタオル、ウェットティッシュが手放せなくなって大変な思いをする人も少なくありません。

 

中には外出するのが億劫になり、運動量も極端に落ちて代謝が低下したりストレスを積もらせて余計に症状を悪化させるケースもあります。

 

ホットフラッシュをはじめとした更年期障害は身体の自然な反応なのでなかなか対策が難しいものですが、ちょっとした工夫や努力で少しでも症状を改善させて毎日を気持ちよく過ごしたいものです。そのために出来ることはあるのでしょうか?

 

今日からできるホットフラッシュ対策

 

 

適度な運動を心掛ける

 

更年期になると自発的な運動量が減り、さらにやる気が出なくて外に出ることも少なくなりがちです。しかし運動量が減ると代謝が下がってますます血の巡りが悪くなったり、汗腺が刺激されないことで顔やワキなどが局所的に汗をかくようになるなどいいことはありません。

 

更年期障害以外にも、50代になると生活習慣病などのケアのためにも積極的に生活習慣を見直す必要が出てきます。無理のない範囲で積極的に運動を取り入れるようにしたいものです。

 

衣服で体温をこまめに調節

 

衣服の脱着で体温をこまめに調節することも効果的です。すぐに羽織れる衣類を持ち歩いて、少し汗ばんで来たら一枚脱いで調節しましょう。

 

通気性のよい服を選ぶことで汗がにじみでないようにするのも大切です。汗をかくこと自体はなかなかコントロールできないので、かいたときの被害を最小限にとどめられるようにすると良いでしょう。

 

ホルモン補充療法

 

どうしても気になるときは医療機関に頼るのも一つの手段です。ホットフラッシュの医療的な解決法にはホルモン補充療法というものがあります。

 

これはエストロゲンを注射や薬などで摂取し、ホッフラッシュの発生を抑制するものです。短期間で効果が出やすいのが特徴です。

 

漢方薬を用いる

 

更年期障害の代表的な治療法としては漢方薬も挙げられます。身体のめぐりを改善することを目的とする漢方薬はまさに更年期障害にぴったりの医術ともいえます。

 

効果の出方に個人差があるのと、効き目が穏やかなためすぐには症状が改善されることはあまりありませんが、その分身体への負担も少なくじっくりと更年期障害と向き合えます。
まだ余裕のある方もは漢方がオススメです。

 

人によって合う合わないもありますので専門医にカウンセリングしてもらいながら自分にあうものを探しましょう。

 

サプリメントを使う

 

ホットフラッシュを抑えるには更年期障害そのものを抑えるしかありません。そのための方法としてサプリメントを摂取すると言うのも効果的です。

 

医療機関に頼るほどでもないかな・・・という時はサプリメントで症状の改善を試みるのも良いでしょう。サプリメントはあくまでも更年期障害に有効な成分を摂取するもので効果も劇的ではありませんが、続けることで症状がおさまったというケースも少なくありません。気軽に試せるのもポイントのひとつ。

 

更年期障害はストレスによっても悪化しますので、サプリメントを飲むこと自体にプラシーボ効果が生まれて気持ちが楽になるという利点もあります。

 

それでは最後にホットフラッシュにきくサプリメントの成分とはどのようなものなのかを確認しておきましょう。

 

ホットフラッシュに効くサプリメント

 

 

ホットフラッシュに効くサプリメントは更年期障害を落ち着けるサプリメントです。更年期障害を軽減するためにはどんな成分が含有されたサプリメントを選ぶべきなのでしょうか?

 

大豆イソフラボン

 

大豆イソフラボンは大豆に含まれるポリフェノールの一種です。この大豆イソフラボンは女性ホルモンで減少すると更年期障害の原因にエストロゲンと似たような化学構造を持っていることから、エストロゲンほどではありませんがその代替機能を果たしてくれます。

 

そのため大豆イソフラボンを継続的に十分に摂取し続けることで更年期障害が緩和される可能性があります。

 

サポニン

 

サポニンは根菜などに含まれている成分で身体の巡りをよくしてくれます。漢方系のサプリメントに主に含有されている成分で、大豆イソフラボンのように分かりやすい働きをしてくれるわけではありませんが、サポニンには自律神経を整える働きがあり、更年期障害対策としても用いられる成分です。

 

プラセンタ

 

プラセンタとは成分の胎盤から得られるエキスです。医療用ではヒトプラセンタと呼ばれる人体から抽出したプラセンタが用いられますが、サプリメントではヒトプラセンタの使用は認められていません。

 

サプリメントで使用されるのは馬や豚のプラセンタです。馬や豚の胎盤エキスと言われると不安に思う方もいるかもしれませんが、サプリメントとして使用されるプラセンタを抽出する動物はしっかりとした管理のもとで育てられている動物なので安心です。

 

ホットフラッシュには適切に対応して乗り切ろう

 

いかがでしたでしょうか?
更年期障害の症状として代表的なホットフラッシュ。辛い思いをされている方はぜひサプリメントなどの使用を考えてみてください。あんなに悩んでいたホットフラッシュから解放されるかもしれません。