【40代が出やすい!?】更年期障害は何歳から何歳までに現れるのか?

この日本では、実に多くの方が更年期障害の悩みを抱えています。何の理由もないのにイライラしたり、やる気がなくなったり、頭痛やめまいを感じたり、更年期障害とは非常につらいものです。

 

 

 

いったい更年期障害は、何歳くらいの人が患いやすいのでしょうか。それについて調べてみたところ、驚くべき結果が出ました。果たしてその真実とは? 更年期が不安な方も、現在進行形でお悩みの方も、この記事をご覧ください。

 

 

 

更年期が出やすい年齢とは?

さまざまなよくない症状を生み出すといわれている更年期障害。その発症には年齢が大きく関係しているといわれていますが、何歳頃から始まるのでしょうか。そしてそれはなぜ始まるのでしょうか。皆が気になる情報をお伝えします。

 

 

 

40代が出やすい

 

更年期障害が発生しやすいのは、主に40代であるといわれています。それはなぜかというとお、女性特有の生理と密接なつながりがあるからです。

 

 

 

40代になると、いわゆる「閉経」がはじまり、生理周期がそれまでとは大きな変化をみせるようになります。具体的にいえば、それまで安定した出血量であったのが、突然多くなったり少なくなったりする症状がでます。そして、それと同時に更年期障害が出てきます。

 

 

 

その理由は、女性ホルモンエストロゲンの減少。年齢を経るごとにこれが減っていくことで閉経が起こり、そしてホルモンバランスが崩れていくのです。女性ホルモンというのはカラダの調子を司る重要な要素なので、それが急に減少すれば、イライラやめまいといった更年期障害の症状が出るのはある意味当然といえます。

 

 

 

50代はさらに確率アップ

 

40代で更年期障害に直面しなかった場合でも、50代に患ってしまうことがあります。それは、人によって異なる生理周期のせい。周期が長い方は、平均よりも遅い50代に更年期障害を患ってしまう可能性が高いのです。

 

 

 

40代よりも50代の方がカラダが衰えているので、更年期障害による負担は大きくなる可能性があります。症状によっては、イライラや倦怠感が止まらなくてつらいといったことも起こり得るでしょう。

 

 

 

若くても更年期障害になり得る?体験談をご覧あれ

というわけで、更年期障害は40代や50代の方が陥りやすいということがわかりました。ですが重要なのは、更年期障害になるのが、必ずしもこれらの年齢の方だけではないということです。

 

 

 

つまり、健康なカラダを持っているはずの若い女性ですら、更年期障害になってしまうということ。参考のため、体験談をいくつか紹介しましょう。

 

 

 

Yさん:18歳

 

今、入院しています。理由は体調不良なのですが、それが変なのです。あるときから生理が来なくなったと思いきや、めまいや頭痛がひっきりなしにおそってくるようになったのです。それに合わせて妙にイライラする感じや不安、そして焦りが常に襲ってくるようになってきて、クラブ活動も授業もまったく集中できず、成績も人間関係もボロボロ

 

 

 

それでも親には心配をかけまいと黙っていたのですが、ついに限界がきて、登校中に倒れてしまいました。「更年期障害と同じ症状」医者がいったその言葉が忘れられません。ひょっとすると、モデルにあこがれて続けたダイエットが原因なのでしょうか・・・・・・?

 

 

 

Gさん:22歳

 

数年前、更年期障害のような症状に襲われたことがあります。原因は、たぶん絶食。当時好きな人がいて、その人に振り向いてほしくて、食事の大部分を抜いて生活していたんです。すると、数週間ぐらい経ったころに妙にイライラや不安感を覚えるようになって、しばしばめまいでふらつくようになりました。

 

 

 

更には生理の周期もめちゃくちゃになって「これじゃいけない!」と思ってダイエットを止めたところ。しばらくしてカラダは元通りになって、イライラもウソのように解消。無謀なダイエットの恐ろしさ、身をもって知りました。

 

更年期障害の症状

 

更年期障害の症状は個人差があり、そこまで気にならない人もいれば生活に大きな支障をきたす人もいます。では、具体的にどのような症状がおきるのかをお伝えします。

 

更年期障害の代表的な症状といえば、身体のほてりがあげられます。寒い場所にいるのに、急に首から上が熱くなり、汗が大量に出てくるような症状です。こういった症状が起こると驚きますが、これは典型的な更年期障害の症状です。女性ホルモンのエストロゲンが減少する事によって、自律神経が上手に機能されなくなってしまいます。

 

そうなることにより、発汗作用もうまくコントロールされなくなり、このような症状が出てくるわけです。

 

動悸や胸の痛み

プロゲステロンといわれる黄体ホルモンの影響で、胸の痛みの症状が出る場合もあります。

 

この症状は高温期といわれる排卵から生理までの期間にプロゲステロンの分泌が多い人によくあらわれる症状です。動悸に関しては、身体のほてりと同様にエストロゲンの減少により自律神経が正しく作用されなくなりおこってしまう症状です。

 

めまいや耳鳴り

更年期にめまいや耳鳴りの症状に悩まされている人も多いでしょう。周りがぐるぐる回っているような気がする、ふわふわして気が遠くなる感覚がある、こういっためまいの症状はとても厄介です。

 

めまいや耳鳴りは、三半規管のバランスが崩れると起こり、女性ホルモンの乱れによって脳の視床下部の仕組みが崩れてしまうのが原因です。

 

疲れやすい

更年期の女性ホルモンの減少により、疲れやすくなってしまうのも更年期障害の症状といえます。脳の視床下部の乱れと、それによって他の症状がおこり眠りが浅くなってしまうことが原因です。

 

脳の視床下部は、自律神経などの働きをコントロールする大切な部位になります。ホルモンの減少によって視床下部に大きく負担がかかってしまうので、疲れやすくなってしうわけです。

 

また、他の更年期障害の症状で、寝付けない事が多くなり、十分に休息が取れないのも疲れやすい原因となります。

 

若年者が更年期障害に陥る原因

前項から、若年者でも更年期障害のような症状に悩まされることの恐ろしさが理解いただけたでしょうか。今この記事をご覧になっている若い方にとっても、決して更年期障害は遠い将来のことではないのです。

 

 

 

では、なぜ若い方が更年期障害になってしまうのでしょうか。それには、はっきりとした原因があります。

 

 

 

運動不足

 

日常的に運動を続けている方は非常に少ないそうです。でも、これはよくないこと。運動をしないと体内の代謝が減少し、カラダのバランスにとって悪い影響を与えます

 

 

 

その結果、直接的ではありませんが、頭痛やめまい、イライラに生理不順といった更年期障害特有の症状を発生させる引き金となってしまうのです。

 

 

 

食事の偏り

 

たとえば、世の中には肉しか食べないという方がごく稀にいますが、そうした方は若くして更年期障害に悩まされる可能性が決して低くありません。

 

 

 

なぜなら、カラダのバランスというのは、その食事によって大きく左右されているから。ホルモンやその他の機能が体を調節するには、バランスのよい栄養素が供給されていることが絶対条件なのです。

 

 

 

それが行われないというのは、いってしまえば壊れかけの機械。いつ、更年期障害という名のマシーントラブルが発生してしまってもおかしくないのです。

 

 

 

過度なダイエット

 

10代20代の若い女性になぜ更年期障害のような症状が発生してしまうのか。もっとも直接的な原因が、実はダイエットです。

 

 

 

思春期の女性というのは、自身のカラダに対してナイーブになります。少し体重が増えただけでも「太ってしまった!」とパニックになってしまうほど、体型に関して神経質なのです。だからダイエットを行って痩せようとするのですが、知識のない若い方は、得てして絶食のような無茶な方法を選択してしまうのです。

 

 

 

そうすると、ホルモンバランスは大きく崩れてしまいます。本来供給されるべき栄養素が送られてこないのですから、当然といえば当然です。これによって、生理不順をはじめとする更年期障害の症状が発生してしまうわけです。

 

 

 

更年期障害を防ぐ3つの対策

40代や50代だけでなく、若い女性にとっても更年期障害は他人事ではないというのが、ご理解いただけたでしょうか。いつ、誰にでも起こり得るこの悪影響を防ぐには、今からこの項目でお伝えする3つの対策の実践がオススメです。

 

 

 

栄養バランスのよい食事

 

ホルモンバランスをよいものにするには、食事のバランスをしっかりすることです、野菜、肉、魚に穀物、これらの食品を決して一種類だけ摂りすぎるということなく、まんべんなく食べるようにしてください。

 

 

 

コツとしては、料理を楽しむこと。ネット上のレシピ等をもとにさまざまな料理を趣味にすれば、自ずとバランスのよい食生活づくりができるようになります。

 

 

 

ウォーキングの日課づけ

 

カラダがロクに稼働せず、錆び付いた状態では、更年期障害だけでなくさまざまな病気を呼び寄せる原因となってしまいます。これを防ぐには、やはり毎日運動を行うようにすべきです。。

 

 

 

オススメは、毎朝のウォーキング。誰にでも実践できて、疲れづらいので便利です。

 

 

 

サプリメント

 

忙しい社会人でも実践しやすいのが、サプリメントによる栄養摂取。小さいから仕事先にも持っていけますし、水さえあればどこでも飲むことができます。

 

 

 

オススメは、さまざまな栄養成分が入った「マルチビタミン」などのタイプ。店員さんに訊くなどして、自分に最適なものを探してみましょう。

 

 

 

まとめ〜更年期障害はツラすぎる!サプリ等で対策を〜

以上、更年期障害と年齢の関係性、およびその対策について説明させていただきました。誰であっても何歳であっても、更年期障害とは無関係ではありません。生活の乱れを放っておけば、いやーな症状に悩まされることになってしまいます。

 

 

 

そうならないためにも、サプリメントなどでしっかり対策を行っていきましょう