【更年期障害による顔汗や多汗】ホットフラッシュが起きる原因と克服方法

女性の更年期は一般的に40代後半から50歳代にかけて迎える事になります。この時期に多くの方を悩ませるのが更年期障害です。しかも今では、若い頃の不摂生や偏った食生活が原因で、30代頃からも更年期の症状に悩まされる「若年性更年期障害」という症状が出る人もいます。

 

 

 

こういった更年期障害の症状として、最も多くの人が悩まされているのが「ホットフラッシュ」と呼ばれる、寒いところにいるのにもかかわらず、顔や上半身がいきなり熱くなる症状です。ホットフラッシュにより顔汗がひどくなったり、多汗に悩まされている女性は多いです。

 

 

 

特に女性からすれば、汗の悩みは心から深刻な問題になっていきます。改善できるのであれば、すぐにでも改善したいと考えると思います。そういった方に向けて今回は、更年期障害によっておこるホットフラッシュの症状を克服する方法や、予防する方法をご紹介していきます。

 

 

ホットフラッシュが起きる原因

 

ホットフラッシュは、更年期の症状として非常に有名ですが、体感する人の数はなんと更年期障害を経験する80%以上/span>です。顔が急に熱くなり、顔汗が止まらない。上半身がいきなり熱くなって、全身の多汗が止まらないなど、症状は様々です。

 

 

 

また、ホットフラッシュがいつ起きるかの予測もできないので、そのストレスによって症状が大きくなることもあり、寒い場所にいる場合、上半身や顔は熱いのに、下半身だけは冷えているといった症状が出てくる場合もあります。

 

 

 

寝ている時にも症状が出てくるので、起きたらパジャマが汗でびしょ濡れだったなんて経験がある人もいるのではないでしょうか?こういったホットフラッシュの症状が起きる原因は、自律神経の乱れから発汗作用がうまく働くなっていることが原因です。

 

 

 

更年期になると卵巣機能が衰えてくるので、女性ホルモンの分泌が大幅に減少します。女性ホルモンは、女性としての身体機能を正常に保つためには欠かせないもので、分泌が減ってしまうと自律神経に悪い影響を与えてしまうんです。

 

 

 

それと同時に、更年期の女性は、様々な心配事を抱えていることが多いでしょう。子育ては一段落ついたものの、子供の学校のお金や親の健康状態、どんどんストレスを溜めている人も多いのではないでしょうか?このようなストレスによって、精神的に大きな負担がかかり、ホットフラッシュの症状に拍車がかかることも多いです。

 

 

更年期障害による汗の克服・予防方法

 

更年期障害は長期的に症状と闘わなくていけない場合が多いので、日頃から克服方法や予防方法は実践していった方が良いでしょう。日常生活に支障をきたしているレベルであれば、病院の診療を受け、適切な治療を受けることが最善の方法だと思います。

 

 

 

そこまで重症化していないのであれば、普段の生活スタイルなどを見直す事ができれば改善されたり、大きな予防効果を発揮します。更年期障害による突然の汗の克服・予防方法をご紹介していきます。

食生活で克服・予防する

普段の食生活にイソフラボンを取り入れる事で、更年期障害の症状を軽減できます。イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た成分が含まれていることから、効果があると期待されています。中でも有効的な食べ物が「納豆」です。

 

 

 

納豆にはイソフラボンが含まれているので、食べる事で症状を軽減できる期待ができるます。また、多汗症にも効果が期待できるので、予防方法としては最適な食べ物となるでしょう。納豆を苦手としている人もいますが、できることであれば朝食には納豆を取り入れるのはいかがですか?

 

 

 

ニオイや見た目から食わず嫌いになっている人も多いはずです。そういった方は、納豆を食べ物ではなく、薬というような感覚で摂れば朝食にも取り入れやすいかもしれません。

 

 

 

昔から納豆は体に良い食べ物といわれていますし、食べ続ける事によって便秘気味だった方も「お腹の調子が良くなった」という方もいるくらいです。味も慣れると非常に美味しく感じるようになります。

血行改善で克服・予防する

血行不良になると、ホットフラッシュの症状が出やすくなってしまいます。ですから、血行改善は常に意識しておきたいところです。主な方法としては、入浴などに時間をかけて下半身などをしっかりと温め、血行改善を図っていきましょう。

 

 

 

このやり方は自律神経を整えるのにも効果が期待できますし、何より心がリラックスできるので精神的な安定にもつながる事でしょう。

軽めの運動で克服・予防する

更年期障害の症状が出る原因として、自律神経の乱れが大きな原因となっています。自律神経を整える事は、更年期障害の症状を軽減させる大きなポイントとなります。こういった自律神経を整える為に、軽めの運動は非常に有効で、特にウォーキングやヨガなどの運動をすることで、症状の軽減ができているという方は非常に多くいます。

 

 

 

しかし、運動が重要だからといって身体的に負担がかかる、精神的に疲れてしまうくらいやる必要はありません。それは逆効果になる場合もあるので、負担がかからない程度で1日に10分から30分くらいを目安に行うと良いでしょう。

 

 

突然の症状に悩まされないためにできること

 

更年期障害の症状によってかく汗というのは、気持ちの良い汗ではなくベタベタとした、ニオイもきつい汗です。なので、大勢がいる前で症状が出たり、楽しい場でホットフラッシュの症状が出てくるのは本当に勘弁してほしいと考えるはずです。

 

 

 

このような場合、汗を止めようと焦ってしまいさらに汗が出るという悪循環に陥ってしまうこともあるでしょう。こういったことから、突然の症状が出てきても焦らないで、すぐに対応できる準備をしておくことが大切になります。

 

 

 

もし、突然ホットフラッシュが起こったら「首の後ろ側にある太い血管」を冷やして体温を下げましょう。これは、突然の症状に対して大きな効果があります。普段から首の後ろを冷やせるような、冷えピタや冷却ジェルを準備しておくと良いです。

 

 

 

ハンカチを水で濡らして冷やしても良いですし、直接手を冷やして首にあてるのも良いでしょう。更年期障害が原因で、人前に出る事が苦手となったり、人付き合いが少なくなった人も多いと思います。しかし、こういった準備をしておけば、突然起こる症状にも対応することができるので、何も心配なく人付き合いを続けていくこともできます。

 

 

まとめ

 

更年期障害で悩まされている女性は多く、特に顔汗や多汗に悩まされている方が目立ちます。体を動かしてかく汗というのは心地良く、気分が晴れていくような気持ち良さがあります。しかし、更年期障害でかく汗というのは、願ってもいない汗なので心から迷惑なものといえるでしょう。

 

 

 

しかも、その症状がいつ出てくるかもわからない、どのくらいの頻度で出てくるかもわからないとなると無駄なストレスが溜まります。例えば、久しぶりに会う友達と楽しく食事をしていた時に、こういった症状が出てきたらどうでしょうか?

 

 

 

せっかくの楽しい場が台無しになってしまいますし、気分もひどく落ち込んでしまうでしょう。更年期は誰にでもやってくるものですが、その向き合い方、迎え方というのが非常に大切になります。それによって、あなたの更年期の過ごし方が大きく変わってくることでしょう。

 

 

 

より良い更年期の期間を過ごす為にも、今できることはしっかりとやって、自分自身を見直していけるようにしましょう。