更年期サプリに配合のエクオールって何?副作用や摂取方法

女性にとって更年期障害はとてもやっかいなものです。倦怠感やイライラ、急な発汗など自律神経の乱れから生じる症状が突然襲い掛かってくるため、生活をする上でのストレスになってしまいます。

 

そんな症状を少しでも改善するため、さまざまな栄養素やそれを含むサプリメントが更年期障害対策として用いられることがあります。今回は数ある更年期障害対策のサプリメントの中でも近年メディアでも注目を浴びているエクオールという成分とそのサプリメントについて見ていきたい思います。

 

更年期障害に悩まされながら、エクオールとは何かということをまだ知らない方、ちょっと興味があるという方はぜひチェックして取り入れてみてください。もしかしたらあなたの悩みがいっきに解決出来るかもしれません。

 

メディアでも注目されるエクオールとは?

 

 

エクオールとは大豆イソフラボンというポリフェノールが腸内で吸収されるさいに変換される物質です。この物質は女性ホルモンと似たような化学構造をもっています。

 

このエクオールという物質はそのまま食材に含まれているわけではなく、腸内に10種ほどいると言われている腸内細菌によって大豆イソフラボンから変換されて出来上がります。しかしこの細菌が腸内で活発に活動していない場合は大豆イソフラボンのまま腸内へ吸収されます。そして大豆イソフラボンとエクオールとではエクオールの方がより健康効果をもたらすことが近年の研究で明らかになってきたのです。

 

そのため従来の大豆イソフラボンサプリメントや大豆食品をたくさん食べるという行為は腸内にエクオールに変換してくれる菌がたくさんいる人には効果的ですが、そうでない人にはあまり効果が見込めないことがわかりました。大豆イソフラボンのサプリメントの効果に個人差が大きいのはこのような点に由来していたわけです。

 

エクオールは女性ホルモンとしての活性を高めるだけでなく、シワを減らすなど美容にも効果があると期待されているすばらしい成分です。そのためエクオールを効率よく摂取するための方法やエクオールのサプリメントなどが発売されています。

 

エクオールは更年期障害に効果アリ?

 

 

大豆に含まれるポリフェノールの一種である大豆イソフラボン。この成分が化学的に女性ホルモンエストロゲンと似たような構造を持つことから、体内で女性ホルモンと似たような働きをするということは広く知られています。

 

更年期障害は女性ホルモンの減少によって視床下部が混乱し、自律神経が不安定になることから生じるものでありますが、大豆イソフラボンがエストロゲンに働きかけることで更年期障害の不快症状をおさえられる可能性があります。そのため更年期障害対策として大豆イソフラボンを含んだサプリメントなどが推奨されています。

 

しかし先ほども見てきたように大豆イソフラボンはエクオールという成分に変換されることでより高い効果を発揮します。つまり従来の大豆イソフラボンよりもエクオールを体内で活躍させられるかどうかで更年期障害の症状にも違いが出てくるというわけです。

 

エクオールは具体的には更年期障害のあらゆる症状を緩和し、ホットフラッシュや倦怠感にも効果を発揮します。更年期障害で悩んでいる方にとっては間違いなく心強い味方となってくれる成分なのです。

 

エクオールへ変換するための腸内細菌は食生活などによって個人差があり、大豆製品を昔から食べてきた日本人は世界的にみても比較的豊富にその細菌を持っています。

 

近年の食生活の変化などをふまえて、現在では日本人でもこの細菌が活発に活動してエクオールを体内で作りだせる人は1/2程度で、若ければ若いほどこのエクオールを作れない人が増えています。体内でエクオールをうまく作りだせない人は他の方法でエクオールを摂取しなければなりません。

 

エクオールはサプリメントから摂取すると良い

 

 

エクオールを体内で作れない可能性があるのに大豆イソフラボンのサプリメントを摂りつづけるのはリスキーです。もし体内でエクオールに変換されていなければその効果を十分に得ることが出来ないわけですから・・・。

 

そのため、もし更年期障害で大豆イソフラボンをサプリメントや大豆食品から摂ろうと考えている人は、ぜひエクオールが含まれたサプリメントを試してみてほしいです。サプリメントでは最初からエクオールとして成分が配合されているため、間違いなく体内にエクオールが吸収されます。

 

特に大豆イソフラボンを定期的にしっかり摂っているのに効果が感じられない・・・という方にこそ試してほしいです。もしかしたらその原因はあなたの体内でエクオールに変換されずにいるからかもしれませんから。

 

仮にエクオールが体内で作れる体質だとしても毎日大豆製品を食べるのもなかなか億劫ですよね。いくら更年期障害を緩和するためとはいえ食べたいものを食べずに大豆製品ばかり食べるのは辛いと感じるのではないでしょうか?そんな時はぜひエクオールのサプリメントを試してみましょう。

 

エクオールサプリメントに副作用はあるのか?

 

 

エクオールのサプリメントに副作用はあるのでしょうか?エクオールは基本的には大豆イソフラボンと似たような働きをします。そのまま大豆イソフラボンとして吸収されるよりはエクオールとして吸収された方が効果はありますが、それ自体に副作用のようなものが出ることは基本的にはありません。

 

しかし用法用量を守らずに過剰摂取したりするとホルモンバランスが余計に崩れたりして体調を壊す危険性があります。特にサプリメントで摂取する場合はパッケージの説明をよく読み、適量の摂取を心掛けることが大切です。

 

エクオールを作れる体質を目指す

 

エクオールを体内で自力で作れる人は若い人になればなるほど減っています。これは食生活の偏りが原因の1つです。食生活が偏って腸内細菌のバランスが崩れるとエクオールだけでなく、便通が悪くなって美容にも悪かったり生活習慣病のリスクが高まったりと良いとはありません。

 

サプリメントから摂取するのも良いのですが、最終的には自分でエクオールを作り出せる体質を目指したいところです。イソフラボンをエクオールに変換する細菌は毎日大豆食品を食べている人に多い割合で存在していることが分かっています。

 

大豆製品は生活習慣病や美容にも良い素晴らしい食材ですから、意識的に食卓に取り入れる様にしていくのも良いでしょう。エクオールは更年期障害以外にも美容や健康のためになる成分としても注目されています。どうせなら体内で自然に作り出せるような環境を整えられるように努力してみたいです。

 

エクオールを積極的に摂ろう

 

更年期障害対策としてもとても効果的であることがわかったエクオール。一方で大豆イソフラボンをたくさん摂っても体質によっては恩恵を得られない人がいることもわかりました。

 

もしエクオールの効果を確実に得たいのであれば体内で変換することに頼らず、サプリメントが良いです。直接エクオールを摂取すれば体内にエクオールとして確実に吸収されていきます。更年期障害に悩んでいる方、大豆イソフラボンの効果を感じられない方などは一度試してその実力を感じてみてはいかがでしょうか?今までの悩みがいっきに解決されるかもしれませんよ。